oractika に関連した主要文献》

「組織活性化」の解説    「ぬるま湯感」の解説

【著書】
  1. 高橋伸夫 (1989)『組織活性化の測定と実際』日本生産性本部(現 生産性出版).
    【出版社版】1989年12月15日発行
    著者版(全文HTML)】2017年12月17日公開
    著者版(全文PDF)】2017年12月20日公開(東北大学機関リポジトリ)
  2. 高橋伸夫 (1992)『経営統計入門―SASによる組織分析―』東京大学出版会.
    出版社版】1992年11月20日発行
    著者版(全文HTML)】2018年1月15日公開
    著者版(全文PDF)】2018年1月25日公開(東京大学学術機関リポジトリ)
  3. 高橋伸夫 (1993)『ぬるま湯的経営の研究―人と組織の変化性向―』東洋経済新報社. (経営科学文献賞受賞)
    出版社版 (Kindle版・オンデマンド版)】1993年1月28日発行(2018年4月6日)
    著者版(全文HTML)】2018年3月18日公開
    著者版(全文PDF)】2018年3月28日公開(東京大学学術機関リポジトリ)
  4. 高橋伸夫 (1996)『できる社員は「やり過ごす」』ネスコ(現 文春ネスコ)/文藝春秋. 日経ビジネス人文庫版. 600円
  5. 高橋伸夫(編著) (1996)『未来傾斜原理―協調的な経営行動の進化―』白桃書房. 2,800円
  6. 高橋伸夫 (1997)『日本企業の意思決定原理』東京大学出版会.
    出版社版(オンデマンド版)】1997年10月15日発行(2011年12月1日)
    著者版(全文HTML)】2018年2月19日公開
    著者版(全文PDF)】2018年2月23日公開(東京大学学術機関リポジトリ)
  7. 高橋伸夫 (2004; 2010)『虚妄の成果主義―日本型年功制復活のススメ―』日経BP社; ちくま文庫版 740円
【学術論文】
  1. 高橋伸夫 (1987)「組織活性化の比較研究法」『組織科学』Vol.21, No.2, pp.54-63.
  2. 高橋伸夫 (1989)「日本企業のぬるま湯的体質」『行動計量学』Vol.16, No.2, pp.1-12. doi: 10.2333/jbhmk.16.2_1 Download
  3. 高橋伸夫 (1990)「組織活性化への数量的アプローチ」『組織科学』Vol.24, No.1, pp.37-45.
  4. 高橋伸夫 (1990)「中間管理職からみたぬるま湯的体質」『経営学論集』No.60, pp.124-130. 日本経営学会.
  5. 高橋伸夫 (1990)「組織の生産性とぬるま湯的体質」『研究年報・経済学』Vol.52, No.3, pp.281-301. 東北大学経済学会.
  6. Takahashi, Nobuo (1992) "An evaluation of organizational activation," Omega, Vol.20, No.2, pp.149-159. doi: 10.1016/0305-0483(92)90069-j
  7. 高橋伸夫 (1992)「職務満足とぬるま湯感」『社会科学紀要』No.41, pp.191-224. 東京大学教養学部.
  8. 河合忠彦・高橋伸夫 (1992)「組織活性化の展望」『組織科学』Vol.26, No.3, pp.2-6.
  9. 高橋伸夫 (1992)「日本企業におけるやり過ごし」『組織科学』Vol.26, No.3, pp.21-32.
  10. 高橋伸夫 (1993)「変化性向の枠組みと追試」『社会科学紀要』No.42, pp.59-79. 東京大学教養学部.
  11. 高橋伸夫 (1994)「統計調査を用いた組織研究の方法−事後ヒアリング調査の有用性−」『社会科学紀要』No.43, pp.135-151. 東京大学教養学部.
  12. 高橋伸夫 (1995)「ゴミ箱モデルとやり過ごし」『経済学論集』Vol.60, No.4, pp.2-16. 東京大学経済学会.
  13. 高橋伸夫 (1995)「新しい企業の広告効果モデル構築の試み」『日経広告研究所報』No.164, pp.7-11.
  14. 高橋伸夫 (1996)「見通しと組織均衡」『組織科学』Vol.29, No.3, pp.57-68.
  15. 高橋伸夫 (1996)「企業内外の参加者の組織均衡」『経済学論集』Vol.62, No.2, pp.23-37. 東京大学経済学会.
  16. Takahashi, Nobuo (1997) "A single garbage can model and the degree of anarchy in Japanese firms," Human Relations, Vol.50, No.1, pp.91-108. doi: 10.1023/a:1016957500937
  17. 高橋伸夫 (1998)「意思決定原理と日本企業」『組織科学』Vol.31, No.4, pp.14-27.
  18. Takahashi, Nobuo, Toshio Goto, and Hideki Fujita (1998) "Culture’s consequences in Japanese multinationals and lifetime commitment," Annual Bulletin of Japan Academy of International Business Studies, No. 4, pp.60-70. PDF
  19. 高橋伸夫 (1999)「未来傾斜型システムとホワイトカラーの働き方」『社会科学研究』Vol.50, No.3, pp.55-80. 東京大学社会科学研究所.
  20. 高橋伸夫 (2001)「ぬるま湯的体質に見る人と会社の相性」 『東京大学公開講座 相性』東京大学出版会, pp.75-104. 2,700円
  21. Takahashi, Nobuo (2001) "Effective temperature hypothesis and lukewarm feeling in Japanese firms," International Journal of Management Literature, Vol.1, No.1, pp.127-142. PDF
  22. Takahashi, Nobuo (2002) "The degree of self-determination and job satisfaction of white-collar workers in Japanese firms," Annals of Business Administrative Science, Vol.1, No.1, pp.1-7. doi: 10.7880/abas.1.1 Download
  23. 藤田英樹・高橋伸夫 (2002)「日本企業における終身コミットメント」 柳井晴夫・岡太彬訓・繁桝算男・高木廣文・岩崎学編『多変量解析実例ハンドブック』朝倉書店, pp.428-493. 30,000円
  24. 高橋伸夫 (2003)「ぬるま湯的体質の研究が出来るまで―叩かれることで目覚める―」 『赤門マネジメント・レビュー』Vol.2, No.6, pp.247-277. doi: 10.14955/amr.020602 Download
  25. 高橋伸夫・大川洋史・稲水伸行 (2009)「組織のコーナリング―oractikaによる追試とトレース―」 『赤門マネジメント・レビュー』Vol.8, No.8, pp.433-462. doi: 10.14955/amr.080801 Download
  26. 高橋伸夫・大川洋史・八田真行・稲水伸行・大神正道 (2009)「技術進化とコミュニティの文化変容モデル」 『経済学論集』Vol.75, No.3, pp.63-78. 東京大学経済学会. PDF
  27. Takahashi, Nobuo (2013) "A hypothesis about lukewarm feeling in Japanese firms," Annals of Business Administrative Science, Vol.12, No.5, October 2013, pp.237-250. doi: 10.7880/abas.12.237 Download
  28. Takahashi, Nobuo (2013) "On the future parameter," Annals of Business Administrative Science, Vol.12, No.6, December 2013, pp.277-290. doi: 10.7880/abas.12.277 Download
  29. 高橋伸夫・大川洋史・稲水伸行・秋池篤 (2013)「組織の打診調査法」『組織科学』Vol.47, No.2, pp.4-14. doi: 10.11207/soshikikagaku.47.2_4 Download
  30. Takahashi, Nobuo (2014) "Future parameter explains job satisfaction and turnover candidates in Japanese companies," Annals of Business Administrative Science, Vol.13, No.3, pp.129-140. doi: 10.7880/abas.13.129 Download
  31. Takahashi, Nobuo, Hirofumi Ohkawa, and Nobuyuki Inamizu (2014) "Perspective index in Company X from 2004-2013," Annals of Business Administrative Science, Vol.13, No.4, pp.231-242. doi: 10.7880/abas.13.231 Download
  32. Takahashi, Nobuo, Hirofumi Ohkawa, and Nobuyuki Inamizu (2014) "Spurious correlation between self-determination and job satisfaction: A case of Company X from 2004-2013," Annals of Business Administrative Science, Vol.13, No.5, pp.243-254. doi: 10.7880/abas.13.243 Download
  33. Okada, Yukihiko, and Nobuyuki Inamizu (2014) "Effect of job type on perspective index: A case of Mito Shinkin Bank," Annals of Business Administrative Science, Vol.13, No.6, pp.315-328. doi: 10.7880/abas.13.315 Download
  34. Takahashi, Nobuo, Hirofumi Ohkawa, and Nobuyuki Inamizu (2014) "Lukewarm feeling in Company X from 2004-2013," Annals of Business Administrative Science, Vol.13, No.6, pp.343-352. doi: 10.7880/abas.13.343 Download
  35. Takahashi, Nobuo (2018) "Talks with the president raise future expectations," Annals of Business Administrative Science, Vol.17, No.3, pp.109-121. doi: 10.7880/abas.0180506a Download
ちなみに、Takahashi (1997) のゴミ箱モデルのプログラムは、国際的にも希少価値があります。
ゴミ箱モデルのプログラム一覧

☆ご利用上の注意事項☆
(1) 「PDF」「Download」は無料でダウンロード可能です。ご利用ください。
(2) 書籍の場合は、著者版の全文PDF、全文HTML以外にも、出版社版は定価等をクリックすると注文可能です。

管理人: 高橋伸夫@ GBRCオラクティカ研究所  BizSciNet  Handbook 
Copyright (C) 2004-18 Nobuo Takahashi. All rights reserved.